総計: 822523  今日: 2  昨日: 20       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
神戸古傳うどんの探求と復活 幻の神戸上方うどんの世界
本論
小説
うどん西遊記
根源記憶図
神戸タコ焼きの世界
歴史編
上方うどんの名店
最終結論22/12/25
東京のうどん屋
 
 
 △大阪「たかはた」 
 □東京「こんぴら茶屋」 
 △「後楽」 
 ●「てんま」 
 ●「のらや」 
 △大阪「とにかくうまい」 
 ○大阪「京橋浪花」 
 ●大阪「今日亭」 
 ●神戸「小麦の実り」 
 ★論説1「麵の秘密」 
 ★論説2「空海の心」 
 △東京「すみた」 
 ★論説3「練り」 
 ★論説4「方向性の順逆」 
 ○大阪「戎屋」 
 ○神戸「な也」 
 ○神戸「ぶっかけ亭」 
 ★論説5「究極の分別」 
 ★論説6「うどんはうどん」 
 ★論説7「本当の最高峰」 
 ★論説8「論評」 
 ★論説9「失われたプロの味」 
 ★論説10「イリコと鰹」 
 ○「杵屋」神戸駅店 
 △兵庫区「讃松庵」 
 ★論説11「無漂白」 
 ★論説12「出汁の工夫」 
 ●心斎橋「明日喜」 
 ★論説13「至高の出汁」 
 ★論説14「麺の問題」 
 ●心斎橋「にし家」 
 ★論説15「立ち食いとセルフ」 
 ●東京「かのや」 
大東流合氣柔術
無雙直傳
武蔵二刀剣法神免会
秘武器
唐傳影流バナー
神戸下町たこ焼きの世界
チャンネル桜
幻の神戸上方の世界
「後楽」
笹塚近くの仕事の関係で二十年ほど通っているが、かつて駅には美味しい関西系のうどん店が三店あった。大阪うどん「杵屋」と讃岐うどん「白瀧」、宮崎うどん「後楽」である。筆者は勿論大阪うどん系の味が好きであり、「杵屋」にも時々よったが、「杵屋」の味もいま一つ。寧ろ三店の中では「白瀧」のが最も美味しかった。最も筆者はざるはぶっかけ、釜上げ系は殆ど食べず、殆どかけうどん系(キツネ、たぬき、天麩羅、かけ)であり、その立場における比較である。かけ系で最も美味しかったのであるから「白瀧」は中々の店であったのではないかと思う。しかし何時しか「白瀧」は閉店となり、残ったのは「杵屋」と「後楽」である。「後楽」は大阪うどんとは味が大分違うと思いながら時々頂いた。それなりの美味しさはある。少し甘めの出汁という点は大阪系と同じであるが、カツオという感じではなく、少し不思議な味だった。そのうち、この店が宮崎に本家を置く「重之井」系の名店である事が判明した。宮崎うどんも中々よい。ランチは特にカヤクごはん付きで650円でリーズナブルである。麵は柔らかめでモチモチしており、中々美味しい。生きた麵である。
  きつねうどんセット
  キツネうどん
[1] 
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.