総計: 829707  今日: 45  昨日: 48       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
神戸古傳うどんの探求と復活 幻の神戸上方うどんの世界
本論
小説
うどん西遊記
根源記憶図
神戸タコ焼きの世界
歴史編
上方うどんの名店
最終結論22/12/25
東京のうどん屋
 
 
 △大阪「たかはた」 
 □東京「こんぴら茶屋」 
 △「後楽」 
 ●「てんま」 
 ●「のらや」 
 △大阪「とにかくうまい」 
 ○大阪「京橋浪花」 
 ●大阪「今日亭」 
 ●神戸「小麦の実り」 
 ★論説1「麵の秘密」 
 ★論説2「空海の心」 
 △東京「すみた」 
 ★論説3「練り」 
 ★論説4「方向性の順逆」 
 ○大阪「戎屋」 
 ○神戸「な也」 
 ○神戸「ぶっかけ亭」 
 ★論説5「究極の分別」 
 ★論説6「うどんはうどん」 
 ★論説7「本当の最高峰」 
 ★論説8「論評」 
 ★論説9「失われたプロの味」 
 ★論説10「イリコと鰹」 
 ○「杵屋」神戸駅店 
 △兵庫区「讃松庵」 
 ★論説11「無漂白」 
 ★論説12「出汁の工夫」 
 ●心斎橋「明日喜」 
 ★論説13「至高の出汁」 
 ★論説14「麺の問題」 
 ●心斎橋「にし家」 
 ★論説15「立ち食いとセルフ」 
 ●東京「かのや」 
大東流合氣柔術
無雙直傳
武蔵二刀剣法神免会
秘武器
唐傳影流バナー
神戸下町たこ焼きの世界
チャンネル桜
幻の神戸上方の世界
論説1「麵の秘密」
色々なうどん屋を巡ってヤスモンうどんと高級うどんがある事はわかる。麵は茹でたてがやはり美味いと思うが立ち食いうどん屋ではそんな事もやってられない。勿論単に茹でた立てよりも少し寝かした方がよいという論もある。しかし素人には店が茹でたてを出しているのかそうではないのか、計算で寝かしを出すのか、それとも冷凍なのか、出されたもので判定するしかしかたがない(調理場を覗けば大体わかるが。しかし老舗店ではそれも不可である)。やはり基本的には茹でたての方が美味いと感じられる……。しかし色々めぐると単純にそれだけではないようである。讃岐うどん屋の名店が出す透明な生きた麵は単純に茹でたてというような簡単なものでもないようである。大阪系でも茹でててを出す店はあり、ある程度の美味しさはあったが、しかし総じて大阪系はやはり茹でたてといっても讃岐うどんがみせるような透明なうどんではなく、不透明な部分が残っている系が多い。どちらが美味しいとは他の条件もあり確言はしづらいが、しかしやはりどちらかと言えば軍配は讃岐系にあがりそうである。麵の美味しさは他の要素も多い関わっているのだろう。麵の打ち方、小麦の差異、水や塩加減。やはりそこには秘法があるように感じられる。それの秘法は讃岐の地で護られた。おそらくは空海の時代から……。最澄がその秘法を懇望したが、最後の秘法はついに明かさず、最澄と喧嘩別れした話は余りに著名である。だから京ですらその秘法は残らず、讃岐代々の秘伝となった。
逆に大阪では出汁の秘法を編み、超絶的な出汁秘伝文化を形成した。これは空海の時代にはなかった新たなる秘伝である。麵秘法と出汁秘法が讃岐と大阪に分かれた由縁である。現代では瀬戸と明石の大橋で両地が繋がりその両者の秘法が融合する可能性が生まれたわけである。両者を繋ぐ地として神戸があり、ここで超絶的な秘伝うどんが生まれて欲しいが残念ながら今は大阪秘伝は失われ讃岐系に押され気味である。
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.