総計: 822523  今日: 2  昨日: 20       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
神戸古傳うどんの探求と復活 幻の神戸上方うどんの世界
本論
小説
うどん西遊記
根源記憶図
神戸タコ焼きの世界
歴史編
上方うどんの名店
最終結論22/12/25
東京のうどん屋
 
 
 △大阪「たかはた」 
 □東京「こんぴら茶屋」 
 △「後楽」 
 ●「てんま」 
 ●「のらや」 
 △大阪「とにかくうまい」 
 ○大阪「京橋浪花」 
 ●大阪「今日亭」 
 ●神戸「小麦の実り」 
 ★論説1「麵の秘密」 
 ★論説2「空海の心」 
 △東京「すみた」 
 ★論説3「練り」 
 ★論説4「方向性の順逆」 
 ○大阪「戎屋」 
 ○神戸「な也」 
 ○神戸「ぶっかけ亭」 
 ★論説5「究極の分別」 
 ★論説6「うどんはうどん」 
 ★論説7「本当の最高峰」 
 ★論説8「論評」 
 ★論説9「失われたプロの味」 
 ★論説10「イリコと鰹」 
 ○「杵屋」神戸駅店 
 △兵庫区「讃松庵」 
 ★論説11「無漂白」 
 ★論説12「出汁の工夫」 
 ●心斎橋「明日喜」 
 ★論説13「至高の出汁」 
 ★論説14「麺の問題」 
 ●心斎橋「にし家」 
 ★論説15「立ち食いとセルフ」 
 ●東京「かのや」 
大東流合氣柔術
無雙直傳
武蔵二刀剣法神免会
秘武器
唐傳影流バナー
神戸下町たこ焼きの世界
チャンネル桜
幻の神戸上方の世界

「な也」期待したい店

水道筋商店街にある「な也」は讃岐系かと思って避けていたが、別に名乗っているわけではなく、あくまで「手打ちうどんな也」である。調査によると古いうどん屋であったが、讃岐を研究して新たな店となしたという。しかし看板は掲げていない。この名乗るかとどうかということは重要な事である。「讃岐」を名乗れば名乗った事により方向性が限定され、また下手をすれば看板に偽りありとなってしまう危険がある。

……ともかくよって「キツネうどん」を食べてみた。480円。

麵は透明で腰があり、かなりよし。揚げもある程度よし。出汁は関西風だがまあまあ、いま一つ位。優れた麵を求めて讃岐を探求したというのであるからよりベレルの高い出汁を求めて大阪系を探求すし、より美味しい出汁を提供される事を期待したい。

@美味しいビス天(サービス天カス)が欲しい。

A揚げは中々よいがもっと大きく、厚く。(「とにかくうまい」は大きく、「小麦の実り」は厚い)。

B出汁をもっと研究して、濃厚な美味しさを現出して欲しい。

 

  きつねうどん
[1] 
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.