総計: 822523  今日: 2  昨日: 20       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
神戸古傳うどんの探求と復活 幻の神戸上方うどんの世界
本論
小説
うどん西遊記
根源記憶図
神戸タコ焼きの世界
歴史編
上方うどんの名店
最終結論22/12/25
東京のうどん屋
 
 
 △大阪「たかはた」 
 □東京「こんぴら茶屋」 
 △「後楽」 
 ●「てんま」 
 ●「のらや」 
 △大阪「とにかくうまい」 
 ○大阪「京橋浪花」 
 ●大阪「今日亭」 
 ●神戸「小麦の実り」 
 ★論説1「麵の秘密」 
 ★論説2「空海の心」 
 △東京「すみた」 
 ★論説3「練り」 
 ★論説4「方向性の順逆」 
 ○大阪「戎屋」 
 ○神戸「な也」 
 ○神戸「ぶっかけ亭」 
 ★論説5「究極の分別」 
 ★論説6「うどんはうどん」 
 ★論説7「本当の最高峰」 
 ★論説8「論評」 
 ★論説9「失われたプロの味」 
 ★論説10「イリコと鰹」 
 ○「杵屋」神戸駅店 
 △兵庫区「讃松庵」 
 ★論説11「無漂白」 
 ★論説12「出汁の工夫」 
 ●心斎橋「明日喜」 
 ★論説13「至高の出汁」 
 ★論説14「麺の問題」 
 ●心斎橋「にし家」 
 ★論説15「立ち食いとセルフ」 
 ●東京「かのや」 
大東流合氣柔術
無雙直傳
武蔵二刀剣法神免会
秘武器
唐傳影流バナー
神戸下町たこ焼きの世界
チャンネル桜
幻の神戸上方の世界

★論説6「うどんはうどん」
残念ながら讃岐うどんの明確な定義も大阪うどんの定義もあるわけではない。しかし看板で謳う以上はある程度の責任を背負う事であり、これは注意しなければならない点であろうかと思う。「な也」や「ぶっかけ亭」「ときわ」など特に看板に「さぬき」を入れているわけではなく、その見識は立派であると思う。しかし「民藝」は入れている。勿論讃岐麵と生醤油という立場からは正に讃岐うどんに違いないし、また讃岐が絶対にイリコを使うという法則があるわけでも必ずしもない。しかし神戸の地で店を開く以上は基本コンセプトに忠実であるべきかと思うし、関西式出汁を良しとして使う立場においては「讃岐」の看板は止めた方がよいようにも感じられる(我の思いのみの話ではあるのだが)。
思うにうどんに讃岐も大阪もなく、ひたすら美味しいうどん屋であってよいのではなかろうか。勿論「本格手打ちうどん屋」でもよいと思う。しかしこの様な事も程度も問題もあり、また時の流れによって淘汰されるべき事でもある。
とにかく多くの有識者の努力により讃岐の麵の美味しさは大分行き渡り、それなりの店で出来たわけであり、そろそろそのよい部分をちゃんと摂取した神戸の美味しいうどん屋がもっと出来てよいと思う。
ただ今の神戸のうどんの出汁は正直な処かなりレベルが低いと我は思う。大阪系出汁の美味しさをもっと認識し、良い部分を神戸のうどん屋も吸収していただきたい。なによりも神戸の讃岐うどん屋の店主にその認識を高めて頂きたいと思うのである。幾らか神戸の讃岐系うどん屋を回ったが、確かに麵は中々のレベルである。本場讃岐はもっと超絶的な麵もあるかも知れないが、本場の風や雰囲気、また値段の問題もあり、既にある程度のレベルの摂取は出来ていると判定したい。
それで満足するならばこれ以上我もいわずもがな。しかし昔のうどんを知る関西人の立場でいわせて頂ければ著名な讃岐うどん屋といえども出汁に関してはまだまだまだまだである。これでは大阪の上級の店の味には到底及ばない(いや上級のうどん店も正直な処まだまだと感じる)。この点を明確にして(希望だが)、「サヌキ」の看板は降ろして大阪出汁の最高峰をもっと探求し、より高い世界を目指して頂きたいと思うのである。小成に満足していては最高峰の世界には入ってゆく事は不能である。幸いな事に「神戸うどん」という明確なうどん文化は殆どないに等しい(ぼっかけうどんというかなり特殊なものがあるが、これは取り敢えず例外としよう)。故にこそ自由な立場でサヌキや大阪の良い部分を摂取して本当に優れたうどん文化を気づける地帯であると我は思うのである。

 

EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.