総計: 828288  今日: 9  昨日: 20       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
神戸古傳うどんの探求と復活 幻の神戸上方うどんの世界
本論
小説
うどん西遊記
根源記憶図
神戸タコ焼きの世界
歴史編
上方うどんの名店
最終結論22/12/25
東京のうどん屋
 
 
 神戸古伝タコ焼きの本質 
 ◎淡路屋 
 神戸たこ焼きの優点 
 ●味一 
 タコ焼き史研究 
 ○Very Very 
 ×赤だこ 
 ○三輪 
 神戸下町タコ焼きの古典 
 研究発展の可能性 
 ●おふくろさん 
 ●よしもとタコ焼き 
 ○たこ焼き「里村」 
 ◎ひろちゃん 
 ○very berry YOSHIDA 
 ○赤だこ[マルシン店] 
 ○たこまる 
 専門店 
 神戸たこ焼きならず [四店] 
 ○たこ次 
 □たこの家 
 定義について再論 
 ●大安亭市場のたこ焼き屋 
 ○たこ焼き「一番」 
 定義再々論 
 □たこ十 
 ◎はせ 
 ×「ドレミ」 
 大日商店街で思う 
 ◎ゆき 
 ○神戸一哲 
 ◎こなもん屋 
 □くれおーる 
大東流合氣柔術
無雙直傳
武蔵二刀剣法神免会
秘武器
唐傳影流バナー
神戸下町たこ焼きの世界
チャンネル桜
幻の神戸上方の世界

大阪たこ焼き、明石焼き、そして神戸たこ焼きとそれぞれの特徴があり、それぞれの価値がある。ただ神戸たこ焼きが優れているのはその優れた栄養価に加え、庶民的な利便性があるのではないかと思う。

大阪は優れた大阪うどんの伝統があるためか逆に出汁に頼らず、ソースオンリーなのは簡便でよいとは思うが、やはり出汁の栄養価が摂取できないわけである。明石焼きは出汁を用いるが、しかし漬けたこ焼きよりもかけたこ焼きの方が出汁を多く摂取できるわけである。両者の食べ方の差異を由因としてタコ焼き皮の成分も異なり、明石焼きは殆ど玉子焼きに近いできとなっている。

明石焼きは出汁や卵を多く用いる点も含めて栄養価的にもなかなかに優れた食品であるのではないかと思う。しかしながらかくした食べ方を由因として子供のオヤツとしての感覚からやや遠ざかっていると言う欠点もある事を指摘しておきたい。たこ焼きを出汁やソースで食べる事は神戸と同じであるが、明石焼きはその食べるスタイルを由因しとしてやや高価な食べ物となってしまっている。実際明石系はそこそこ大きなたこ焼き専門店があるり、そこそこの値段の食べ物である。明石焼きは卵をふんだんに使って焼き、赤い漆板の上にきれいに何個か並べおかれて出されが、これは下町庶民感覚からいえばやや高級すぎるのである。

神戸たこ焼きは確かに兵庫や長田の下町に端を発し、極小の子供向けお菓子や的趣でたこ焼きが給された。昔の神戸たこ焼きは漆板にきれいに整頓されて並べられるのではなく、鉢状のものに何個かぶっこまれ、出汁をかけて終わりである。それに客(子供たち)の好みでソースをかけたり粉イリコをかけたりして食された。空間も余り必要ではないし大変に簡便な確かに神戸古伝ファーストフードである。その栄養価はどの種類のたこ焼きよりも群を抜いて優れており、当時の子供たちの発育に寄与し、頭の回転をも促進した。

現代でオヤツといえば西洋菓子のような甘さべったりの、子供にとって「アマヤのお菓子」がどうしても多くなりがたちであるが、オヤツの効能と価値はそれだけでは足りないように思う。

甘味と言うものは子供にとって重要な要素であり、脳の発育にも必要であるから甘味菓子も否定はしないが、うま味成分も大変に重要な栄養素である。

子供のおやつとして神戸たこ焼きのようなうま味の栄養素の多いものがある事は非常に結構な事と思うのである。

というより現代的なおやつで神戸タコ焼きのようなうま味おやつは殆どなく、これは大変に重要な事であり、現代の若者が切れやすく、精神が歪んでいる大きな原因なのではなかろうか。医学的な事は専門外であるが、恐らくうま味成分は精神を安定させ、また身体の発育に重要な成分であると考えられるのである。(識者の医学的解説を期待したい)

EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.